IBSと運動

【IBS改善】続けるためにおすすめの運動

投稿日:

Pocket

sports-768430_1280
過敏性腸症候群(IBS)を改善・克服するには、ストレスとの付き合い方が重要です。
そのための方法の1つとして、毎日続けられる軽めの運動をオススメします。
しかしスポーツが好きな人はいいですが、いきなり毎日運動するなんて敷居が高いと思う人も多いでしょう。
楽しくないと続きません。まずは本当に簡単なものから始めてみませんか?

 

【とにかく身体を動かそう!】

スポーツだと意識するからなかなか腰が上がりません。
始めはとにかく身体を動かすことだけ考えましょう。
軽く身体を動かすだけでもストレス解消につながり、過敏性腸症候群の改善に良い効果があります。

  • 縄跳び
  • ストレッチ
  • ラジオ体操
  • スクワット
  • その場でジャンプ!

場所を選ばず、なるべく道具もいらないもの。
体力的に楽で、思った時にすぐに取り組めるもの。

特に縄跳びやジャンプは簡単でそれなりに運動になりますし、跳ぶのは胃腸にもいい刺激を与えます。
ストレッチやラジオ体操は身体もほぐれますし、真剣に取り組めばかなり汗をかきます。

体力がついたら好きなスポーツに挑戦するものいいでしょう。
IBS改善克服のための運動は1つにこだわることはないのです。

 

【IBS改善克服のための運動はセルフイメージの向上が目的です】

過敏性腸症候群の改善・克服のために必要な運動の目的は、身体の健康や体力向上ではありません。

続けることで小さくてもいいから達成感を得て自信をつくることです。
ストレスを緩和すると同時に、IBSのせいで落ちてしまったセルフイメージを向上させて、前向きな心を養うことこそ本当の目的です。

そのためにも続けることが大切ですから、きつい運動に取り組む必要はありませんし、一つのスポーツにこだわることもありません。

軽めの運動を好きなときに好きなだけ取り組んでください。
あきたら別の運動にかえて、楽しく続けてください。

 

【運動を楽しく続けて自信をつくろう!】

youth-570881_1280

過敏性腸症候群(IBS)を改善克服するために、楽しく運動してください。
1ヶ月、3か月と続けていくとストレス解消にもいいですし、体力もつき健康にもなるでしょう。

そして、長い間頑張っている自分を褒めてあげてください。
実際、簡単な運動であっても続けることはとても大変なのですから。

達成感と自信を得ることで、過敏性腸症候群の悪循環から一歩踏み出すことができます。

おすすめの記事

1

過敏性腸症候群(IBS)は、原因不明の便通異常と腹痛で苦しむ病気です。 下痢型や便秘型、ガス型、混合型といろいろなタイプがありますが、腸のトラブルが悩みの種であることは共通。 ですからIBSで悩んでい ...

2

過敏性腸症候群(IBS)を改善克服するには、とにかく自分の状況を正確に知ることが必要です。 でもいちいち日記をつけるのも面倒だし、かえって気が滅入ってしまう。そんな人も多いはず。 そこで便利アプリの出 ...

3

過敏性腸症候群(IBS)にはストレスが大きく関わっているといわれています。 そのため、IBSの症状を改善・克服するには、ストレスとうまくつき合っていかなくてはなりません。 そこでちょっと質問です。今日 ...

4

過敏性腸症候群(IBS)は、原因不明の便通異常が起こる病気です。 それだけでも厄介ですが、さらに悪循環ともいうべきサイクルが起こります。 過敏性腸症候群の改善・克服のためには、この悪循環を断って改善の ...

5

過敏性腸症候群(IBS)など腸の難病に効果があるかもしれないと注目を集めている治療法が、日本でも研究されています。 それは「ふん便微生物移植」です。 名称を聞く限り生理的に不穏な印象を受けますが、調べ ...

-IBSと運動

Copyright© 過敏性腸症候群 完治への情報まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.